中古マンション売却時のマイソクとは?作り方や重視するポイントを解説

売却向けコラム

灘野 博史

筆者 灘野 博史

不動産キャリア10年

愛媛県生まれなこともあり、夏、冬問わず主にアウトドアが好きですが国内外でのミュージカルなどを観劇することも大好きです。
築古戸建て投資から不動産をスタートし建築やDIYも得意です。

日本国内は全ての都道府県に旅行し、海外旅行も50か国以上は旅をしました。
各地の不動産(住宅や歴史的な建造物)を見ながら世界遺産や郷土グルメを食すのも楽しんでいます。

中古マンション売却時のマイソクとは?作り方や重視するポイントを解説

中古マンションの売却を検討している方のなかには、マイソクが気になっている方がいるのではないでしょうか。
中古マンションを売却するときに、マイソクについて知っていると、効率の良い物件の売却につながるでしょう。
こちらの記事では、マイソクについて解説しますので、中古マンションの売却を検討中の方は参考になさってください。

マイソクとは

マイソクとは

マイソクとは、マンションの売却を専門に扱う不動産会社によって運営されている中古マンションの広告サービスで、チラシなどと同じ紙媒体の広告物に分類されます。
中古マンションを売却するときにメインの広告となり、広告と集客は直結するため、中古マンションの売却にマイソクは重要なものとなります。

中古マンション売却においてマイソクは重要な広告物

マイソクが重要な広告物と言われる理由の1つに、多額の広告費用をかけられない中古マンション市場において、リーズナブルに広告が出せる点にあります。
シンプルな作りなため、不動産会社で作成して印刷が可能で、チラシを作成する費用は不要です。
そのため、マイソクは低価格で作成できる広告であり、中古マンションのメインの広告となっています。
ポストに投函するだけでなく、DM(ダイレクトメール)やインターネット広告、折り込みチラシにも派生します。
マイソクは他の広告物の基盤になる広告のため、記載される内容の完成度が他の広告からの集客につながるでしょう。

マイソクに記載される内容

マイソクには、次の内容が記載されます。

●マンション名
●物件の価格
●間取り図
●住所
●専有面積
●築年数


ほかにも、マンションの構造や修繕積立金、管理費について、さらに駅から徒歩で何分の距離に物件があるかなどの情報が広告に記載される内容です。
広告のなかでもとくに重要な項目が、間取り図です。
間取り図は、紙面の25%を占めており、間取り図の横にマンション名や物件の価格が記載されています。
インターネット広告にそのまま間取り図が掲載されるケースもあるので、購入検討者に物件の魅力をアピールできる間取り図にしましょう。

マイソクにかかる費用

中古マンションの広告は、すべて不動産会社が負担するケースが多く、広告の作成費用やポスト投函費用も不動産会社が費用を負担します。
しかし、不動産会社が予定していた投函量より多くの広告量を希望する場合や、広告のクオリティを上げる場合は、売主に確認したうえで売主が負担するケースもあります。
マイソクは、広告にかける費用の負担に見合った広告効果ができるかは不透明であり、売主が費用を負担してまで広告を展開する必要はありません。
中古マンションを売却するときは、不動産会社が負担してくれる費用の範囲内で広告の依頼をしましょう。

▼この記事も読まれています
自由が丘駅周辺の不動産売却事情は?住環境や相場価格を解説

マイソクをよく見せるためのポイント

マイソクをよく見せるためのポイント

中古マンションを売却するときに広告は重要ですが、不動産会社が作成した広告は必ず確認する必要があります。
マンションの売却がスムーズに進んでいない場合、広告に問題があるケースも考えられるでしょう。
不動産会社が作成したからと安心せずに、売主の視点で作成された広告を確認する必要があり、確認のポイントが3つあります。
中古マンションの広告は、物件の購入検討者が広告を見たときに、物件を見たいと思わせる必要があります。

カラーで広告を作成

広告がカラーで作成されているかどうかは重要な要素です。
広告がモノクロで作成されている場合、3,4色で印刷されている場合もあるでしょう。
カラーの具合は物件の売り出し金額や不動産会社によって違いがありますが、不動産会社に広告を作成してもらうならできるかぎり、フルカラーで印刷してもらいましょう。
不動産会社の予算の都合もあり、フルカラーで印刷してもらえるかどうかはわかりませんが、交渉次第では広告をフルカラーで作成してもらえます。
ただし、売主が費用を負担するかたちでフルカラーにする必要はないので、費用の負担を要求された場合は、他の重視するポイントでカバーしましょう。

写真を掲載

広告に物件が掲載されている写真も重要となります。
掲載写真は間取り図のほかにマンションの外観写真や室内の写真、共用部の写真など、購入検討者が使用を想像できる場所はできるかぎり掲載しましょう。
外観の写真は、マンションが綺麗に見える角度から撮影してもらうと、外観のアピールにつながります。
エントランスがアピールポイントであれば、エントランスが目視できる角度から撮影し、購入検討者に物件の良さをアピールできる写真を掲載するのが大切です。
室内の写真は、明るい場所で広いスペースに見えるように、撮影するのが重要です。
自然光が部屋に差し込む日中に撮影して、できるかぎり部屋が広く見えるように撮影しましょう。
また、物件ならではの特徴があるなら、共用部の写真も掲載するのがおすすめです。
ほかの物件にはない要素があると、競合の物件との差別化になり、購入検討者が増えるでしょう。

物件の強み

物件の強みは写真の掲載だけでなく、「駅から徒歩5分!」「リフォーム済みの物件!共用部にジム」のように文字でアピールする方法もあります。
立地的なメリットや物件の機能的な要素を、文字でアピールすると購入検討者の目に留まり、物件のアピールにつながります。
広告は中古マンションを売却するときに重要な要素で、不動産会社が作成した広告でも、改善できるポイントは多いでしょう。
売主の視点からも改善点を見つけ出すと、購入検討者に対して物件のアピールにつながります。

▼この記事も読まれています
駒場東大前駅エリアの不動産売却!知っておきたいエリアの特徴や相場を解説

中古マンションを売却するときの良いマイソクの作り方とは

中古マンションを売却するときの良いマイソクの作り方とは

中古マンションを売却するときは、売却するターゲットを絞り、売主目線でより良い広告の作り方をする必要があります。
売却するターゲット層を意識すると、物件のアピールポイントが異なるため、広告に掲載する内容には注意が必要です。
売却したい中古マンションが家族向けの物件の場合は、学校の学区や近くの公園など、子育て向けの情報を掲載しましょう。
周辺のスーパーマーケットやマンション設備の情報を細かく掲載すると、親が子育ての想像をしやすくなるため、購入のアピールにつながります。
また、若い世代がターゲットの場合、周辺のコンビニや商業施設などの情報が掲載されていると良いでしょう。
ほかにも、入居時期などの取引に関する条件について交渉が可能な場合、売買契約書に特記事項として記載されていると購入検討者から見てポイントが高いです。
平日でも物件の内覧が可能な場合は、特記事項に「平日内覧可」などの記載があると好印象になります。
柔軟に対応が可能なポイントは不動産会社の担当者にコメントで伝えて、特記事項に記載しましょう。
しかし、マイソクを作成する際には、メリットとデメリットがあります。
メリットとデメリットを把握しておくと、より良い広告の作成につながるでしょう。
マイソクのメリットは情報を1枚のチラシにまとめて表示するため、情報の一元化が可能で、情報を一元化しておくと購入検討者は情報収集が効率的におこなえます。
一方、デメリットは情報の更新に手間がかかる点で、物件の情報が更新されるたびに、広告を更新する必要があるので注意が必要です。
また、広告に情報を詰め込みすぎると、購入検討者が必要な情報を見逃す可能性があるため、情報の整理や見やすいレイアウトにする必要があります。

▼この記事も読まれています
祐天寺駅周辺の不動産売却!祐天寺駅の魅力や周辺の住環境を解説

まとめ

中古マンションを売却するときは、広告に掲載する内容によって、物件が売却できるかどうかが左右されます。
広告の作り方にこだわって、ターゲット層を絞ったり周辺施設の調査をしたりなど、売主も積極的に動きましょう。
良い広告ができたと思っても、物件が売れるまでは広告の改善点を見つけ出し、物件の売却につなげる必要があります。


”売却向けコラム”おすすめ記事

  • 暮らしやすい目黒区の緑が丘駅周辺!不動産売却で訴求できる特徴や相場を解説の画像

    暮らしやすい目黒区の緑が丘駅周辺!不動産売却で訴求できる特徴や相場を解説

    売却向けコラム

  • 不動産査定書とは?売却前に知っておきたい査定書の見方のポイントをご紹介の画像

    不動産査定書とは?売却前に知っておきたい査定書の見方のポイントをご紹介

    売却向けコラム

  • 近隣トラブルがある不動産を売却する場合の告知義務は?リスクや方法を解説の画像

    近隣トラブルがある不動産を売却する場合の告知義務は?リスクや方法を解説

    売却向けコラム

  • 賃貸と購入はどちらが正解?不動産のプロが解説します!の画像

    賃貸と購入はどちらが正解?不動産のプロが解説します!

    売却向けコラム

  • 祐天寺駅周辺の不動産売却!祐天寺駅の魅力や周辺の住環境を解説の画像

    祐天寺駅周辺の不動産売却!祐天寺駅の魅力や周辺の住環境を解説

    売却向けコラム

  • 駒場東大前駅エリアの不動産売却!知っておきたいエリアの特徴や相場を解説の画像

    駒場東大前駅エリアの不動産売却!知っておきたいエリアの特徴や相場を解説

    売却向けコラム

もっと見る