目黒区に地域密着!不動産売却は私たちにお任せください!不動産売却は私たちにお任せください! 目黒区に地域密着!不動産売却は私たちにお任せください!不動産売却は私たちにお任せください!
掲載物件数
151
公開物件数
5
本日の更新物件数
0
会員物件数
0

更新情報INFORMATION

目黒区のタワーマンション事情と思わぬ注意点の画像

目黒区のタワーマンション事情と思わぬ注意点

都内でも屈指の高級住宅地としても知られる目黒区。 目黒区内には分譲マンション多く存在します。その中でも目黒区のタワーマンションは、一際憧れの住まいとして注目を浴び続けて来ました。 ...

ニュース

【3月2週目 編集中】不動産売却で売り出し価格が決まる査定と...の画像

不動産売却で売り出し価格が決まる査定と...

目次 ▼ 不動産売却で査定前に相場を調べる方法▼ 不動産売却における机上査定とは?▼ 不動産売却における訪問査定とは?▼ まとめ 不動産を売却するとき、売り出し価格はどのように決定するのでし...

ニュース
ご案内
ブログやお客様の声など順次アップして参ります。
売却の際に皆様の役に立つ豆知識や、過去に売却された方の経験を更新していくので是非参考にご覧ください。
ニュース

【3月2週目 編集中】不動産売却での必要書類とはなにか?売却...の画像

不動産売却での必要書類とはなにか?売却...

目次 ▼ 不動産売却での必要書類:売却前▼ 不動産売却での必要書類:契約締結時▼ 不動産売却での必要書類:決済時▼ まとめ 不動産売却では、さまざまなタイミングで書類の提出を求められることが...

ニュース

【3月2週目 編集中】相続時精算課税制度の仕組みとは?計算方...の画像

相続時精算課税制度の仕組みとは?計算方...

目次 ▼ 相続時精算課税制度とはどのような仕組み?▼ 相続時精算課税制度の計算方法とは?▼ 相続時精算課税制度の注意点とは?▼ まとめ 生前におこなえる税金対策に、相続時精算課税制度がありま...

更新情報

おすすめ物件RECOMMEND

スタッフSTAFF

灘野 博史

町山 和志

スタッフ一覧

お客様の声CUSTOMER

お客様の声一覧
家を売るベストタイミングはいつ?

1.家を売るベストタイミングはいつ?

Q:不動産を売却するのに適した時期などはありますか。
A:不動産の売却に関しては、不動産価格の推移や季節によって適した売り出しのタイミングがあります。タイミングによっては売却価格が数百万円変わることもありますので、売り出しの時期を見極めることが重要です。ここでは、不動産を売却する際の判断基準となる4つのポイントをご紹介します。

1. 不動産価格の推移・動向 まずは不動産価格の相場や推移をチェックしましょう。不動産価格の相場には波があります。不動産価格が右肩上がりで推移している時はより遅く売った方が得になりますし、反対に右肩下がりで推移している場合は少しでも早く売った方がよいでしょう。ただし、上昇や下降の変わり目がいつくるかは分かりませんので、タイミングを見極めるのは簡単ではありません。
2. 季節 日本では4月からスタートする新年度に合わせて1~3月ごろに引っ越しを検討することが一般的であるため、少し前の11~12月ごろから売却の準備をスタートさせることがよいでしょう。
3. 築年数 家は築年数が15年を過ぎてしまうと不動産価値が下がる傾向にあり高値を付けることが難しくなってしまうため、築10~15年以内に売却するのがおすすめです。また、マンションであれば、築10年を過ぎると大規模修繕が行われるケースが多く、大規模修繕前は買い手がつきにくくなる可能性もあるため注意が必要です。
4. 税金 家を売却して利益が出た際は譲渡所得税を支払う必要があります。譲渡所得税は家の所有期間によって異なってくる他、軽減税率や特例を適用できる場合がありますので、シミュレーションなどを行い、自身に適した売却のタイミングを検討するとよいでしょう。
Q:家を売るのに避けるべきタイミングはありますか。
A:不動産の売却にベストなタイミングがあるのと同様に、売却を避けるべきタイミングというものもあります。個人的な事情で家を売却せざるを得ないこともあるかと思いますが、NGなタイミングを知っていることで、賃貸に出すなど売却以外の選択を検討することもできるかもしれません。
1. 所有期間が5年以下の家 所有期間5年以下で売却し利益が出てしまうと、譲渡所得税と住民税の税率が高くなってしまうため売却後の負担が大きくなってしまいます。家を売却する際は5年間以上所有してから売り出しを行うと、税金の負担を抑えることが出来ます。
2. 所有期間があと少しで10年となる家 10年以内の売却がNGという訳ではありませんが、所有期間が10年を超えた家を売る際は「マイホームを売ったときの軽減税率の特例」を受けられるため、所有期間があと少しで10年を迎える場合は、少し時期を待ってみることも選択肢の一つと言えます。
3. 住宅ローンの金利が高いとき 住宅ローンの金利が高い時期は、住宅の購入を控える人が増える傾向にあるため、売却が難しくなる可能性があります。できるだけ住宅ローンの金利が低い時期のほうが売却に適したタイミングと言えます。 家の売却には適した時期、避ける時期があることをご紹介しましたが、ベストなタイミングをご自身で見極めるのは難しいことです。売り出しの時期に迷った際には、不動産のプロに相談してみるのもよいでしょう。 目黒区不動産売却プロは、誠実で正直な対応をモットーにお客様にとって最善のご提案ができるようサポートしております。 お客様のご希望やお悩みなどをお伺いし、売却に関する方針の決定や今後のスケジュールの組み立てなどをお手伝いさせていただきます。 プロ査定士への査定相談は無料で、店舗での相談はもちろん、オンライン相談、LINEでのご相談も受付しております。 「今家を売るべきか」など家に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

2.家を売る時の注意点

Q:家を売る時の流れを教えてください。
A:家を売る際の大まかな流れとしては、
① 必要書類を揃えるなどの事前準備を行う
② 不動産会社に査定を依頼する
③ 不動産会社を売買契約を締結する
④ 家の売り出しを行う(内覧対応などを行う)
⑤ 売買契約を行う
⑥ 決済と引き渡しを行う となります。
家を売りたいと思ったら、まずは必要書類の収集や住宅ローンの残積確認、売り出し時期の検討などの事前準備を行いましょう。特に、住宅ローンを利用している場合は、家の売却額や自己資金で住宅ローンを完済しなければ売却が難しくなりますので、住宅ローン残積をしっかりと把握しておくことが重要です。 また、家の売却にあたって希望の売り出し時期や売り出し期間などを検討しておくことも必要です。「時間をかけてもできるだけ高く売りたい」「とにかく早く家を売りたい」など、優先事項は売主によって異なりますので、家を売る際の条件を整理し不動産会社へしっかりと伝えましょう。
Q:家を売る際に準備するべき書類を教えてください。
A売却の際に必要な書類は以下の通りです。
・身分証明証(本人確認書類)
・登記済証(権利証)または登記識別情報通知書
・印鑑登録証明書および実印
・確定測量図・境界確認書
・固定資産税納税通知書
・都市計画税納税通知書
これらの書類は事前に全て揃えておく必要はありませんが、取得に時間がかかるものもあります。事前に必要なものを把握しておくことで、スムーズに売却活用を進めることが出来ます。
Q: 査定依頼は複数の不動産会社に行うべきですか。
A: 不動産会社へ査定依頼を行うと、不動産会社が家の築年数や周辺環境等の情報をもとに、売却の目安となる価格を提示してくれます。複数の不動産会社に依頼をすることで不動産選びの判断材料が増え選択肢が広がることになりますので、査定依頼は複数の不動産会社に行うのがようでしょう。ただし、不動産会社が提示する価格はあくまでも目安であり、査定額が高いからといって高く家が売れるわけではありません。
Q:媒介契約の種類を教えてください。
A:不動産会社を仲介にして家を売る際は、不動産会社と売買契約を締結することになります。売買契約には3つの種類があります。
・専属専任媒介契約
1社の不動産会社としか契約できない。自分で買い手を見つけても直接販売することはできない。不動産会社からの報告義務がある。
・専任媒介契約
1社の不動産会社としか契約できない。自分で買い手を見つけた際は不動産会社を介さず販売することが可能。不動産会社からの報告義務がある。
・一般媒介契約
複数の不動産会社と契約できる。不動産会社からの報告義務はない。
専属専任媒介契約と専任媒介契約は1社としか契約が出来ないなどの制約がある分不動産会社の積極的な販売活動が期待できます。一方で、一般媒介契約は複数の不動産会社と契約できるため、不動産会社同士の競争意識が働く可能性もありますが、売主への報告義務がなく積極的な販売活動をしてもらえないこともあります。また、複数の不動産会社とのやり取りも必要となります。希望にあった媒介契約を選択しましょう。
Q:家の内覧希望があった際はどのような点に気を付ければよいでしょうか。
A: 内覧の際に最も重視したいのは、第一印象をよくすることです。そのため、清掃や換気は徹底しておきましょう。特に水回りなどは気になる場所なので念入りに清掃しておくほうがよいです。できるだけ部屋が広く見えるよう、不要なものは片づけたり明るく見えるよう照明をつけたりしておくことも必要です。 内覧時には内覧者から様々な質問を受ける可能性があります。売りたいからと言っていいことばかりを伝えておくと後にトラブルとなる恐れもありますので、メリットデメリットを整理し正直に伝えておく方がよい印象を持ってもらえることになります。 家の売却をスムーズに進めるためには、全体の流れや注意点をしっかりと把握しておくことが必要です。「何からはじめればいいかわからない」など、売却活動に不安がある際は不動産のプロに相談してみるのもよいでしょう。 目黒区不動産売却プロは、誠実で正直な対応をモットーにお客様にとって最善のご提案ができるようサポートしております。 無料査定はもちろん、売却を行う際のアドバイスやお悩みのご相談などにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

3.離婚を決めたら家を売却すべき?

Q:離婚が決まったら家は売却すべきでしょうか。
A:夫婦が離婚した際、どちらかがそのまま家に住むことも可能ですが、一般的には家を売却し売却代で住宅ローンを返済することが多いようです。ここでは、離婚の際に家を売却するメリットデメリットをご紹介します。
メリット1:公平な財産分与が出来る
婚姻期間中に取得した財産は財産分与の対象になりますので、結婚後に購入した家であれば夫婦で分けなければなりません。しかし、家を分割するのは物理的に難しいので、実際には家を売却して売却代金を夫婦で分けるか、どちらかが住み続ける場合は相当額をもう一方に支払うかになります。家を売却して住宅ローンが完済できれば、どちらかに支払い義務が残ることもありませんし、公平に財産分与が出来るため後のトラブルなども起こりにくくなります。 メリット2:面倒なやり取りが不要
仮に夫名義で住宅ローンを組んだ家に妻が住み続けるとなると、夫がローンを継続して行う必要があるため、離婚後にもなにかと連絡を取る必要があります。万が一夫からの返済が滞ったら妻は家に住むことが出来なくなりますし、ローンが完済したとしても夫名義の家を妻名義に変更するなど面倒な手続きが必要ですので、はじめから現金化して財産分与してしまうほうが、離婚後のやり取りが必要にならずストレスになりにくいです。 メリット3:新たな生活の資金源となる
住む家はもちろん、新たな生活をスタートするために何かと金銭が必要となります。家を売却し売却代金を受け取ることが出来れば、新しい生活への資金源とすることが出来ます。 デメリット1:新たな居住場所を探す必要がある
家を売却するということは、当然その家には住み続けることが出来なくなりますので、新たに生活するための場所を探す必要があります。離婚のための手続きなどがあるなか家探しを行わなければならない負担が発生します。 デメリット2:住宅ローンを完済できない可能性がある
一般的に中古物件は購入時よりも安い金額で売れることになりますので、金額次第では住宅ローンを完済できない場合もあります。その場合、家はもうないのに住宅ローンの返済だけは続ける必要があるため大きなストレスとなる可能性があります。
Q:離婚で家を売却する際どのような方法がありますか。
A: 家を売却する際は、不動産仲介または不動産買取を活用することになります。 不動産仲介:不動産会社を仲介として第三者に家を購入してもらう方法です。売却のための販売促進や内覧者の対応などは不動産会社が行ってくれるため、売主の手間は最小限にすることが出来ます。また、売却額を売主が設定することができるので高い金額で売れる可能性があります。ただし、いつ買い手が見つかるか分からないことや、仲介手数料が発生するという負担もあります。 不動産買取:不動産会社に直接家を買い取ってもらう方法です。不動産仲介のように第三者の買い手を見つける必要がないため早く確実に家を売却することが出来ます。家の売却を急いでいる際などに活用するとよいでしょう。ただし、仲介での売却に比べて安くなる傾向があります。
Q:離婚で家を売却する際の注意点はありますか。
離婚で家を売却する際にはいくつか気を付けたいポイントがあります。 ・家を売るタイミングは離婚前がよいでしょう。売却には夫婦で話し合って決めることがあったり、多くの手続きが必要だったりと夫婦間でのやり取りが多く発生します。そのため、連絡が取りやすい離婚に行った方が売却もスムーズに進みます。 ・財産分与の請求権は離婚から2年間と決まっています。そのため、離婚に伴い家を売却する際はできる限り早く売却して財産分与を行ってしまうほうがよいでしょう。 ・住宅ローン材積がある場合は、金融機関に連絡をして離婚により家を売却する旨を伝えましょう。金融機関に連絡することなく売却を行ってしまうと住宅ローンの規約違反となる可能性があり、場合によっては住宅ローン残積の一括返済を求められることもありますので、注意が必要です。 離婚が決まり家を売却することが決まった際は、専門家に相談することがおすすめです。 目黒区不動産売却プロは、誠実で正直な対応をモットーにお客様にとって最善のご提案ができるようサポートいたします。 プロ査定士への査定相談は無料で、店舗での相談はもちろん、オンライン相談、LINEでのご相談も受付しております。 早く家を売りたいが何からすればいいか分からない、面倒な手間をできる限り減らしたい、といった際にはぜひお気軽にご相談ください。

4. 相続した不動産を売却する方法は?

Q:不動産の相続方法にはどのようなものがありますか。
A:不動産を相続する際には、主に以下の2つの方法があります。 換価分割:代表者の名義で相続し、売却後に現金を分配する方法 共有相続:共有名義で相続する方法 換価分割は、不動産という物理的に分割しにくい遺産を現金化して平等に分配できるというメリットがあります。しかし、この場合代表者が不動産売却など煩雑な手続きを行わなければならない上、売れなかった場合は相続税や固定資産税などを一人で負担しなければならないというデメリットもあります。 一方で共有相続は、売却の手続きや税金などの負担も相続人全員が平等に負うことになります。ただし、相続した不動産を売却する際は相続人全員の書類や委任状が必要となるため時間と手間がかかる上、一人でも売却に反対すれば売却することが出来ないという注意点もあります。 遺言状がなく法定相続人が複数人いる場合、不動産をどのように相続するかは全員が集まって協議の上決定する必要があります。換価分割と共有相続はどちらが良いということはありませんので、後々トラブルとならないためにも相続人全員が納得できる方法を探すことが重要です。
Q:相続した不動産を売却する際の流れを教えてください。
A:相続方法が決まった不動産を売却するためには、まず不動産の相続登記(名義変更)を行う必要があります。名義変更をしなければ相続した不動産を売却することはできません。 相続登記を行う際は以下の書類が必要となります。
・被相続人の出生から死亡までの継続した戸籍謄本及び除籍謄本
・被相続人の住民票の除票
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の住民票
・固定資産税評価証明書
特に被相続人の戸籍謄本など準備に時間のかかるものもありますので、余裕をもって準備を行うとよいでしょう。相続登記をスムーズに進めるために司法書士に依頼をすることも可能です。 相続登記が完了したら、いよいよ売却活動を開始します。仲介にて売却を行う際は、不動産への査定依頼の後に仲介を請け負ってもらう不動産会社を決定して売却活動を行います。不動産会社に直接買取をしてもらうことも可能ですが、仲介に比べると価格が低くなる可能性があるため、仲介にて一定期間売却活動をしても売れない場合に買取を検討するケースもあります。 売却先が決定したら、売買契約書を締結して買主への引き渡しを行います。共有相続した不動産の場合は、売主は相続人全員となりますが、代表者を決めて他の相続人からは委任状をもらうという手法も可能です。売買契約が成立したら、実際の引き渡しを行うまでに遺品の整理や不用品の処分を行うようにしましょう。 相続した不動産を売却する場合、基本的には相続登記が完了していれば売却活動を行うことが出来ます。ただし、相続した不動産を売却するには手続きが煩雑な上、相続人が複数人いる場合は全員が納得できるように進めなければならないため、通常の売却より慎重に進める必要があります。出来る限りスムーズに売却を行うためにも、専門家にアドバイスをもらういながら進めることもお勧めです。 目黒区不動産売却プロは、誠実で正直な対応をモットーにお客様にとって最善のご提案ができるようサポートいたします。 相続した不動産を売却するための最適な方法を検討、アドバイスするのはもちろん、信頼できる不動産会社、遺品整理や不用品処分を依頼できる会社、さらに提携先の司法書士、税理士なども手数料無しでご紹介が可能です。 相続した不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

5.住宅ローンが残っている家を売るには?

Q:住宅ローンが残っている家を売却することは可能でしょうか。
A: 住宅ローンが残っている家を売却することは可能ですが、売る時の方法など注意すべき点があります。 まず、住宅ローンが残っている家には「抵当権」がついていますが、この抵当権があると売却することが出来ないため、家の売却と同時に住宅ローンを完済し抵当権を抹消する必要があります。つまり、家の売却時に住宅ローンの完済が可能かどうかを見極める必要があるのです。そのため家の売却を考える際は、まず住宅ローンの残積を確認しましょう。金融機関からもらう住宅ローンの返済予定表や残高証明書などから確認することが出来ます。その後、売却したい家がいくらくらいで売ることが出来るかを調べてみましょう。売却価格の相場を知るためには、不動産情報サイトなどで近隣の類似物件の価格を調べる、不動産会社に査定依頼をするなどの方法があります。 大体の売却価格が分かったら、家を売った代金で住宅ローンを完済できるかをシミュレーションしてみましょう。家の売却代金で住宅ローンを完済できる場合(アンダーローン)は、不動産会社に手続きを依頼して売却活動を進めていけば大きな問題はありません。ただし、住宅ローンの一括返済や抵当権抹消などの手続きが必要となるため、住宅ローンの返済先である金融機関に事前に相談を行いましょう。 一方、家の売却代金で住宅ローンを完済できない場合(オーバーローン)は抵当権を抹消することが出来ないため、残った代金を別の方法で返済しなければなりません。家の他に有価証券など現金化できる資産があれば、それらを売却して住宅ローンの返済に充てるという手段もあります。また、家の売却目的が新しい家の購入であれば、住み替えローンを活用することもできます。住み替えローンとは、住宅ローンの残積分と新たな家の購入金額を合わせて融資してくれるものですが、当然返済額が増えるため、無理のない返済が可能かを十分に検討しましょう。 オーバーローンにならないためにも、できるだけ高い金額で家を売却することが重要となります。
Q: 住宅ローンの残った家を売却する際に注意する点はありますか。
住宅ローンの残積がある家を売却する際にいくつか注意しておきたい点があります。 まず、家の売却時には諸費用が発生することを念頭に置いておきましょう。仲介で売却する際は不動産仲介会社へ手数料を支払う必要がありますし、登記などを依頼する司法書士への報酬の他税金なども発生します。そのため、家の売却代金を全て住宅ローンの返済に充てるのではなく、ある程度預貯金として残しておくなど、余裕を持った資金計画を行う必要があります。 また、新しい家の購入が目的で家を売却する際は、ダブルローンや家の維持費の二重負担を避けるために、まず住宅ローンの残っている家を売ってから新しい家を購入することもお勧めします。 今回は、住宅ローンが残っている家を売却する際の手順や注意点などをご紹介しました。スムーズに売却を進めるためには、専門家に相談をしてアドバイスをもらうことも有効です。 目黒区不動産売却プロは、誠実で正直な対応をモットーにお客様にとって最善のご提案ができるようサポートいたします。 プロ査定士への査定相談は無料で、店舗での相談はもちろん、オンライン相談、LINEでのご相談も受付しております。また、提携先の司法書士、税理士などのご紹介も手数料無しでご紹介が可能です。 住宅ローンが残っている家を売りたい、家の査定をして住宅ローンの返済が可能かシミュレーションしたいなど、家の売却に関するお悩みやお困りごとがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

6.不動産一括査定とは

Q: 不動産一括査定とはどのようなものでしょうか。
A:不動産一括査定とは、売却したい物件の査定を複数の不動産会社から同時に提示してもらえるサービスです。サービスの運用元が複数の不動産会社と提携しており、査定対象となる不動産の情報を不動産会社に共有することで、査定が可能な不動産会社とのマッチングを行います。利用者は、マッチングした不動産会社の中から数社を選択して実際に査定依頼を行うことになります。 利用者としては、複数の不動産会社を簡単に選択することが出来るため不動産会社を見つける労力が少ないこと、複数の不動産会社の比較ができることなどのメリットがあります。また、不動産一括査定サービスは不動産会社から広告宣伝費として収益を得ていることが一般的であるため、利用者は無料でサービスを利用できることもメリットです。 不動産一括査定サービスの一般的な利用方法としては、基本情報や個人情報の入力後に査定依頼可能な不動産会社を選択し、実際に査定を依頼するという流れが主流です。複数の不動産会社を比較検討する必要があるため、できれば3社以上を選択することが望ましいでしょう。
Q: 査定方法にはどのような種類があるのでしょうか。
A: 不動産の査定方法には、机上査定と訪問査定の2種類があります。 机上査定とは、登記簿謄本や図面などの資料や周辺の相場状況などのデータを元に、現地調査を行わずに査定する方法です。不動産会社の担当者が実際に現地を訪れることなく査定を行うので、すぐに査定結果を知ることが出来ます。比較的手間もかからないため、所有する不動産がいくら程度で売れるのかとりあえず知りたいという場合におすすめです。ただし、机上査定は「簡易査定」と言われることもあり精度としては高くないので注意が必要です。 一方訪問査定とは、不動産会社の担当者が現地を実際に訪問して行う査定方法です。データのみでは分からない物件の状態や周辺環境などの詳細を確認した上で行うので、精度の高い査定額が期待できます。売却活動に向けて机上査定後に更に詳しく査定してもらうために行うことが多い手法です。訪問査定は担当者の訪問や詳細を加味して行うため、机上査定よりは時間がかかると考えておいた方がよいでしょう。
Q: 不動産一括査定を利用する際の注意点はありますか。
A:利用者にとってメリットの多い不動産一括査定ですが、利用する際の注意もいくつかあります。 まず、不動産会社が提示する価格はあくまでも査定額であり実際の売却価格ではないことを頭に入れておきましょう。複数の不動産会社と比較するため、不動産会社によっては高い査定額を出してくる場合がありますが、不動産会社が提示した価格を保証してくれるわけではありませんので、いざ売却活動を開始すると最初の査定額を大きく下回ってしまったというケースもあります。不動産一括査定は、あくまでも不動産会社を選択するための手段と考える方がよいでしょう。 また、複数の不動産会社から提示された金額に大きな乖離があると、実際の価値が分かりにくくなるという注意点もあります。不動産の査定方法は不動産会社によって異なるため、各社の査定額に差が出る可能性も大いにあります。可能であれば自身でも周辺の相場価格を把握した上で依頼すると、どれを信じればいいか分からないという心配もなくなります。 さらに、サービスを利用する際に個人情報を不動産会社に提供することになるため、複数の不動産会社から営業電話がかかってくる恐れもあります。しつこい営業電話でトラブルに発展するケースも存在するため、注意が必要です。
Q: 不動産一括査定のサービスはどのように選んだらいいでしょうか。
A:できるだけ優良な不動産一括査定サービスを利用するために、以下のポイントを確認してみましょう。 登録会社数:できるだけ多くの不動産会社と提携しているサービスを活用する方が、自身に合った不動産会社を見つけられる可能性が高いです。サービスによっては、同時に依頼できる不動産会社の件数に制限があるところもあるため事前に確認しておきましょう。 対応エリア:全国エリアに対応したものが一般的ですが、中には限られたエリアのみに対応するサービスもあるため、査定依頼したい物件が対応エリア内かを確認しておきましょう。 サービスサイトの信頼性:信頼できるサイトか見極めることは難しいですが、サイトのサポート体制や口コミなどを参考にしながら選ぶとよいでしょう。 目黒区不動産売却プでは、不動産を売却するための最適な方法を検討、アドバイスするのはもちろん、信頼できる不動産会社のご紹介も可能です。 プロ査定士への査定相談は無料で、店舗での相談はもちろん、オンライン相談、LINEでのご相談も受付しております。 家の売却や査定に関するお悩みごとがある際には、ぜひお気軽にご相談ください。

弊社についてABOUT US

数ある不動産会社の中で、株式会社アンカラードジャパンの運営する目黒区不動産売却プロのホームページをご覧になって頂き誠に有難うございます。

■当社の強み


目黒区不動産売却プロは目黒区、または東京城南地区に特化した地域密着型の不動産会社です。
約10年、目黒区の土地で事業を営ませていただき地域の方々、商店街の方々などともご縁をいただき親しく交流を深めて参りました。
数々の不動産売却をお手伝いさせていただきましたが売主様は、価格だけではなく買主様とのご縁を意識されている方も多くいらっしゃいます。
たくさんの思い出と共に所有されてきた不動産をオーナーがバトンタッチになるにあたり、どのように利用されるのか、どんな方が購入されるのだろうと考えられておられます。
その想いを「誠実で正直な不動産会社」としてお客様に寄り添い、不動産のプロとして物件の持つ長所と短所も正直にお答えした上で、お客様に最善のご提案とご縁をお約束させていただくことがとても大切だと考えております。

売買仲介業をはじめ、不動産の売却、買取再販など目黒区不動産売却プロがお客様の大切な不動産をしっかりと誠実に二人三脚で、人生の良きパートナーとしてお手伝いさせていただきます。


■目黒区ってどんなところ?


【目黒区の特徴】
目黒区は、東京都内の23区の一つであり、東京都心から南東に位置しています。
目黒区は、都心に近く「緑豊かで文化的なまち」、「おしゃれなまち」というイメージが定着しています。
また、都心に近いながらも落ち着いた雰囲気が特徴で、歴史的な建造物や伝統的な商店が点在し、風情ある街並みが広がっています。
文化施設や美術館も充実しており、芸術や歴史に興味を持つ人々にとって魅力的なエリアです。
さらに、芸能事務所が多いことから芸能人など感度の高い著名人の住まいも多く、おしゃれで美味しいグルメやショップが多いのも目黒区の魅力の一つです。
目黒区内には、高級レストランやアットホームな飲食店など、さまざまなお店があります。
特に、日本料理やフレンチ、イタリアンなどの洗練された味わいを楽しむことができるお店が多いです。

【目黒区の交通利便性】
目黒区は都心から約10km圏内で交通の利便性も高く、JR山手線や東急東横線、東京メトロ南北線などで渋谷・恵比寿・目黒の各駅に近接する位置にあります。
バス便も多く都心へのアクセスも良好で、目黒区内はどのエリアからでも東京駅方面にアクセスすることができる以前から人気のエリアです。

【目黒区の人口動態】
目黒区の人口動態は、年々変化を遂げています。2020年の東京都統計年鑑によると、目黒区の総人口は約28万人でした。
これは、2015年からの5年間で約3%増加した数字です。

人口の増加には、若い世代の居住者が増加していることが影響しています。
特に20代から40代の若年層の増加が顕著で、これは目黒区が住みやすい環境であり、子育て支援や教育環境が整備されていることが背景にあります。

一方で、高齢者の割合も増加しています。65歳以上の高齢者は、2015年から2020年までに約1.5%増加し、区全体の約23%を占めるようになりました。
これに伴い、高齢者向けの施設やサービスの需要も増しています。

人口動態の変化は、地域社会にも影響を与えています。
目黒区では、地域の施設やサービスの充実に加え、交通の利便性や商業施設の多様性が、幅広い世代の人々を引き付けています。
これらの要因が組み合わさり、目黒区は多様な人口構成と活気ある地域社会を維持しています。 (参照元:東京都統計年鑑)

【目黒区のスポット情報】
目黒区には、数多くの公園や庭園、自然があり、代表的なものには目黒川沿いに広がる「目黒川のさくら祭り」、「目黒の森公園」や「目黒雅叙園庭園」があります。
これらのスポットでは、都会の喧騒を忘れ、四季折々の美しい自然を楽しむことができ、近隣にはミシュラン店から話題のスイーツ店、パン屋、おしゃれなバル、レストランなど多数のグルメスポットがあります。
また、目黒区には多くの歴史的な建築物や寺院も存在します。
例えば、日本庭園の美しさで知られる「旧古河庭園」や、江戸時代の風情が残る「目黒区立大文字屋敷跡庭園」などがあります。

【目黒区の子育て環境】
目黒区は、子育て世帯にとって魅力的な環境を提供しており、その中心には行政の積極的な子育て支援があります。
例えば、保育園や幼稚園の増設や待機児童対策が進められていたり、さらに子育て支援センターでは、子育て情報の提供や親子交流の場が提供されています。
地域の公園や施設も整備され、子供たちがのびのびと安全に遊べる場所が数多くあります。
目黒区は、子育て家庭が安心して子供を育てられる環境を整えるために積極的にサポートなどの取り組みを行っています。

【目黒区のイベント】
目黒区は、多彩な地域イベントで地域コミュニティを活性化させています。
その代表格が目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)です。このまつり地元のは毎年秋に開催され落語「目黒のさんま」にちなんだイベントで、
特産品やグルメを楽しむだけでなく、様々なステージイベントやワークショップが開催され、家族皆で楽しめるまつりとなっています。
また、季節ごとに開催される花見イベントやハロウィンパーティーなど、様々な催しも目白押しです。
他にも地域の伝統行事や文化イベントも多く、地域住民や観光客に親しまれています。
目黒区では、豊かなイベントライフを通じて地域の絆を深める楽しい取り組みがいっぱいです!