不動産買取とは?不動産買取が向いている方の特徴や注意点について解説

不動産

灘野 博史

筆者 灘野 博史

不動産キャリア10年

愛媛県生まれなこともあり、夏、冬問わず主にアウトドアが好きですが国内外でのミュージカルなどを観劇することも大好きです。
築古戸建て投資から不動産をスタートし建築やDIYも得意です。

日本国内は全ての都道府県に旅行し、海外旅行も50か国以上は旅をしました。
各地の不動産(住宅や歴史的な建造物)を見ながら世界遺産や郷土グルメを食すのも楽しんでいます。

不動産買取とは?不動産買取が向いている方の特徴や注意点について解説

不動産買取を検討している方は多いかと思いますが、そのメリットとデメリットを理解されていますでしょうか?
不動産買取は一体どのような方に向いているのか気になっている方もいることでしょう。
そこで今回は、不動産買取の特徴や、向いている方の特性、注意点について解説します。
不動産の売却を検討中の方は、ぜひ参考にご覧ください。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産買取とは、家や土地などの不動産を市場で一般の方に売るのではなく、専門の不動産会社が直接買い取ることを言います。
不動産会社は買い取った物件をリフォームして新たな価値を付け、もう一度市場に出して売ります。
物件の売主は不動産会社から提示された買取価格に合意すれば、買主を探して売却するよりも短期間で売却することが可能です。
不動産買取には、「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。
それぞれの特徴は、以下のとおりです。

即時買取とは?

即時買取とは、不動産買取のなかでも比較的短期間のうちに売却できるサービスになります。
この方法を提供している不動産会社は、買取価格が決まったら即座に不動産の買取が可能です。
即時買取の大きな魅力は、何と言ってもスピードです。
一度物件の査定を依頼し、現地での査定が終われば、あっという間に売却手続きへと移行でき、最短で1週間、長くても1か月程度で取引が完了します。
そのため、速やかに不動産を現金化したい方にとっては便利な選択肢です。
ただし、この即時買取では、不動産会社の仲介を通して一般の買主に売却する場合に比べて、売却価格は若干低めになる傾向があります。
しかし、時間をかけずにすぐに現金を手に入れたい場合には、大変役立つ方法です。

買取保証とは

買取保証とは、家や土地などの不動産を売りたいと思ったときに、まずは不動産会社が仲介し、市場に売り出して買主を探すシステムです。
もし一定の期間(だいたい3か月から6か月ほど)内に買主が見つからなければ、前もって決めた金額で不動産会社がその物件を買い取ります。
買取保証なら、最初は市場価格で売ることができるか試してみることができます。
そして、万が一市場で売れなかったときには、約束された価格で不動産会社が買い取るため、売主にとっては安心です。
買取保証を利用する場合、仲介の期間は約3か月が一般的です。
この期間内に売れた場合は、通常通り仲介手数料がかかりますが、最終的に買取保証で不動産会社が買い取ることになった場合は、仲介手数料はかかりません。
すぐに売りたいけど、可能なら市場価格で売りたいと考えている方には、買取保証がおすすめです。
即時買取と異なり、買取保証ならもっと良い価格で売れるチャンスがあります。

不動産買取に向いている方の特徴とは?

不動産買取に向いている方の特徴とは?

不動産をスムーズに売却するには、売り方を選ぶことが大切です。
仲介での売却と買取での売却にはそれぞれメリットがあり、どちらを選ぶかは売主の状況や物件のニーズによります。
不動産買取の利用が向いている方の特徴は、以下のとおりです。

①すぐに不動産を売りたい方

「急いでお金が必要になった」または「転勤で早く家を手放したい」方などは、不動産買取が向いています。
とくに、即時買取であればスピーディな売却が可能です。
買主が見つかるのを待つことなく、不動産会社が直接買い取るので、手続きが迅速で手間もかかりません。
前述のとおり、最短で数日から数週間で売却が完了することもあります。

②売却期限がある方

特定の理由(進学、離婚など)などで「〇月〇日までには売却したい」と思う方にも、不動産買取が向いています。
即時買取は、買取価格に合意できれば、期限内に売却できる安心感がメリットです。
買取保証の場合でも、期限が来ても売れなかった場合には事前に決めた価格で買い取ってもらえるため、計画的に動けます。

③築年数が古い物件を売りたい方

不動産市場での需要が少ないかもしれない古い物件も、不動産買取の利用がおすすめです。
不動産買取では、不動産会社が買取後にリフォームして再販売するため、市場での需要に左右されずに売れる可能性が高いからです。
そのため、仲介ではなかなか買主が見つからないような物件でも、買取ならスムーズな売却が期待できます。
また、売却後に物件に欠陥が見つかった場合でも、契約不適合責任を免責にすることにより、売主の責任になりにくい点も安心材料の1つです。

④周囲に知られずに売りたい方

離婚や借金など、周囲に知られたくない理由で売却したい場合も、不動産買取が向いているでしょう。
仲介のように広告や立て看板で販売活動をすることがないため、プライバシーが守られます。
不動産会社と直接取引するだけで済むため、周囲に売却の事実が知られるリスクが低くなります。

⑤費用や手間をかけたくない方

「古い物件だがリフォームや修繕にかかる費用や時間をかけたくない」または「仲介手数料を払いたくない」と思う方は、不動産買取がおすすめです。
不動産買取では、物件を現状のまま売ることができ、基本的にリフォームやハウスクリーニングなどの事前準備が不要です。
仲介手数料が発生しないため、売主にとっての負担が少なく、シンプルに売却手続きを進めることができます。
ただし、仲介を通じた売却に比べると売却価格はやや低くなる可能性がある点は考慮する必要があります。
これらの特徴を踏まえると、不動産買取は特定の状況やニーズを持つ売主にとって便利な選択肢です。
自身の状況に照らし合わせて、最適な売却方法を選択しましょう。

不動産買取を利用する際の注意点とは?

不動産買取を利用する際の注意点とは?

不動産の買取には便利な側面が多いですが、その利用にあたってはいくつかの注意点を理解しておく必要があります。
事前に注意点を把握すると、予期せぬトラブルを避け、より良い売却計画を立てることができます。
主な注意点は、以下のとおりです。

①売却価格が仲介のときより低くなる

前述のとおり、不動産買取の場合、不動産会社は物件を直接購入後、リフォームや改修を施して再販することが一般的です。
そのため、改修費用と、その間の資金コストや市場リスクを考慮して、買取価格は設定されます。
結果として、市場での相場価格よりも1割から3割程度低い価格での取引が一般的です。
ただし、仲介手数料はかからないため、総合的な諸費用を比較して判断することが大切です。
売却による収益を最大化したい場合には、事前に相場価格を調べてから検討することをおすすめします。

②住宅ローンが残っている場合の対応

不動産売却時に住宅ローンが残っている場合、そのローンを完済しなければ売却できないため、注意が必要です。
売却価格がローン残高を下回る場合は、差額を自己資金でカバーする必要が生じます。
不動産買取では売却価格が相場より低く設定されるため、ローン残債が多い物件を買取で売却する場合、売却価格で完済できなくなる可能性があります。
したがって、買取を選択する前には、ローン残債と買取での見積もり価格を慎重に比較し、判断することが大切です。

③買取に伴う費用

不動産買取では仲介手数料がかからないものの、売却にはそれ以外にもいくつかの費用が伴います。
たとえば、不動産売却時には印紙税や譲渡所得税などの税金が発生する場合があります。
また、住宅ローンを一括返済する場合、抵当権の抹消登記に必要な登録免許税や、ローン会社が設定している一括返済手数料もかかるため、注意が必要です。
仲介で売却する際にも、これら諸費用はかかりますが、買取価格が相場よりも低くなることを考慮すると、手元に残る金額が少なくなる可能性があります。
不動産買取を検討する際には、これらの諸費用をあらかじめ把握し、総合的な費用対効果を検証することが重要です。

まとめ

不動産買取とは、不動産会社に直接不動産を売却することを指し、即時買取と買取保証の2種類あります。
すぐに売却したい方や周囲に知られずに売却したい方、築年数が古い物件を売却したい方に向いている売却方法です。
注意点は、売却価格が相場よりも下がりやすい点や住宅ローンを完済しないと売却できない点、買取に伴う費用についての3つです。


”不動産”おすすめ記事

  • 自由が丘駅周辺の不動産売却事情は?住環境や相場価格を解説の画像

    自由が丘駅周辺の不動産売却事情は?住環境や相場価格を解説

    不動産

  • 学芸大学駅周辺の不動産売却事情は?住環境や相場価格を解説の画像

    学芸大学駅周辺の不動産売却事情は?住環境や相場価格を解説

    不動産

  • 駅遠の中古マンションは売却しにくい?高く売却するポイントも解説の画像

    駅遠の中古マンションは売却しにくい?高く売却するポイントも解説

    不動産

  • 不動産売却前におこなわれる物件調査とは?6種類の内容と流れを解説の画像

    不動産売却前におこなわれる物件調査とは?6種類の内容と流れを解説

    不動産

  • 目黒区のタワーマンション事情と思わぬ注意点の画像

    目黒区のタワーマンション事情と思わぬ注意点

    不動産

  • 中目黒駅周辺の不動産売却事情!住環境や相場価格を解説の画像

    中目黒駅周辺の不動産売却事情!住環境や相場価格を解説

    不動産

もっと見る